日時:2000年4月29日(日)  
場所:セントラルサーキット
走行会名:DogFight Sunday Sunset Run 第二戦
クラス:初心者クラス 30min x 2
路面:ドライ(1本目) ウェット(2本目)

タイヤ:
1本目 DUNLOP FORMULA-R(F/R:195-55-15)

2本目 YOKOHAMA TNR-045(F/R:195-55-15)

午前6時。
今にも降り出しそうな天気の中、サーキット前の駐車場に到着。
昼から降るであろう雨を予想して、あわよくばピット確保できたらエエなぁーと、早めに現地入りしてみたが案の定そこには長蛇の列が・・・。甘かった。
予定を過ぎても開門されないのに業を煮やし、その場で直管パイプの取付け開始するが、ちゅーと半端なところでゲートオープン。
シート・荷物等下ろせる物は全ておろし、雨が降らないことを祈ってスリック装着。3部山&熟成物の中古なので、下手したらSタイヤよりグリップしないだろうが、ラジアルしかはいたことの無い私にとっては、すごい楽しみ。
今回はスリックの他にも、先ほどの直管マフラー・エアダクト・軽量化(レインフォース外し)、そしてセントラルでは初導入のMJサスキットなど、秘密兵器山盛りで、ますます気合が入ります。目標は1分40秒フラット。


1本目。
天気予報通りだとドライで走れるのはこの一本だけなので、 気合を入れてコースイン。
しかしさすがスリック、温まらないとぜんぜんグリップしない・・・。 特性を探りつつ徐々にペースアップし、 程よく温まったところでタイムアタック開始!
まず、 試しにこれまで2速で進入していた1コーナーを、3速て突っ込む。 「おおっ!曲がる曲がる〜♪」。アクセス足の時に比べ、明らかにオーバースピードなのに、なんの苦もなく曲がっていきます。しかも、ひたすらアクセルを我慢していた立ち上がりも、ガンガン踏める。この辺はスリックのお陰というよりは、サスが変わったことの方が効いてる感じです。
以前はインからアウトからバシバシ抜かれまくってたのがウソの様。逆にインからどんどんブチ抜いていけます。
で、1コーナー3速で曲がれるもんだから、バックストレートでは車速が乗りまくってむちゃくちゃ気持ちいい。
そんな感じで、これまで2速だったところを、みんな3速に変更(バックストレートエンドの上り、頂上のヘアピン、最終コーナー除く)して、どんどんペースアップを狙う。
しかし、台数が非常に多く、しかも周りのペースが遅いので、いつまでたってもクリアラップが取れない。「あー結果が残せん〜!!!」と焦るが、その気持ちもむなしく走行終了。
タイムは、1'41''553。うーん、悔しい。


2本目。
待ち時間6時間というフザケたタイムスケジュールのお陰で、とうとう雨が降り出してしまう。ぎりぎりまでタイヤ交換を迷っていたが、結局冷たい雨の中、ラジアルに戻すハメに。(泣)
しかしこのラジアル、スリップサインまであと1mmも無いというとんでもない状態。去年阿讃サーキットを走ったときは、さらにひどいウェットコンディションの中、 スピンしまくる他車を尻目に全開ばりばりで走行できたので、今回も「まー大丈夫だろう」といういい加減な考えで出走を試みたのだが、これが大きな間違い。しかも減衰力を最強のままで戻し忘れるというおまけつき。(笑)
1週目、完熟走行の為スローペースでコースイン。(ちなみにこの時点では、その間違いには気づいていません。)
1コーナーにさしかかり、そろーっとステアを切る。「あれ?リアが流れてる・・・??」
おかしい。 まだ普段の半分もスピード出してないし、コーナリング中にアクセル踏んだわけでも、ましてやブレーキングしたわけでもないのに。
しかしこの感覚はまさに雪上を走っている感覚。まぁ、まだ一周目だし、タイヤが温まってないだけかな?と、そのままとろとろ走りつづけるが、いつまでたってもリアは流れっぱなし。ちょっとでもアクセル踏もうものならカウンター当てないと、すぐスピンしちゃいます。「コリャなんかおかしい」と考え、ふと気づいたのが先ほどの減衰力戻し忘れ(笑)。
慌ててピットインするが、ピットはドコもいっぱいでオロオロ探し回る始末。結局雨でぬれた冷たい地面に寝っころがり、減衰力を変更。あー情けない!(前3段戻し/後4段戻し)。
さて、気を取り直してコースインするが、ちょっとはマシになったもののやーっぱり滑りまくる。「こりゃタイヤがあかんわ。 」と半ばあきらめ状態に入るもつかの間、1コーナーでスピン。予想通り、リアが流れてイン側に180度回転して静止。こっちはグラベルが狭いので一瞬「あかんかなー」と思ったけど、砂利の抵抗力でなんとか。いやぁ、よかったです。
もうその後は、気分萎え萎えでタイムアタック放棄^^;ウェットの勉強と、Fドリの練習で終わってしまいました。(またもや悔しい^^;)
タイムは屈辱の2'05''722。

まとめ。
目標は達成できませんでしたが、前回より5秒ほど縮めることができたので、まずはヨシとします。
ただ、一度もクリアラップが取れなかったこと、ドライでは一本しか走れなかったので、非常に欲求不満です。
まだまだライン取り、ブレーキングなど詰められるところはたくさんあります。次回走行会では、今回導入したハードを生かしきれるように、ソフト(ウデ)の方をきっちり磨きたいと思います。(というか、頭は次回の走行会のことで既にいっぱいです。^^;)

参加者:出走4台(Accord SiR-T・Accord SiR・Accord EuroR・Torneo SiR-T) 応援6人(子供2人)

戻る