AM10:30

ジャッキアップ開始。
フロントからフロアジャッキで車体を上げ、ウマをかます。
安全のため、下にはずしたタイヤを置いておきます。

 

 

PM12:30

左側のサスをはずしにかかります。(写真は右側)

まず、アッパーのナットをゆるめます。
(タワーバーを固定している12mmナット2本とその他14mmナット3本)

*全部はずしちゃうと、ロアアーム側をばらせませんので、2・3本は残しときましょう。


ロアアーム側をばらします。

まず、ダンパフォークナット(ドライブシャフトをまたいでいるヤツの下のナット。写真では隠れてるけど)をはずします。

このナットはセルフロックナットです。
つまり、一方のナットを固定しながら、反対側のナットをはずします。

ところがこのナット、とてつもなくカタイです。
たまたまかもしれませんが、大人二人で全体重をかけてもびくともしません。
結局この一本をはずすために、なんやかやで3時間以上かかってしまいました。

結局人力では外れませんでしたので、 どうしたかというと・・・
一方のナットにメガネレンチをかけ、そのメガネの端をパンタジャッキで固定しておいて、もう一方のナットにもかけたメガネレンチをフロアジャッキで上げてはずすという荒業に出たのでした。
(でも真似しないほうがいいかも・・・)


次にサス下側を固定しているナットをはずせば、二股の部分が外れて下に下がります。(写真上部にみえる穴の部分)
あとは緩めておいたアッパーマウントのナットをはずして、 サスをはずします。

ダブルウィッシュボーンなので、はずすのに少しコツがいりますが、すぐわかります。


次へ