ず、マスタシリンダの場所ですが、ご存知のとおりエンジンの左上、インマニの左側にあります。
この部分をばらしますので、とりあえずタワーバーとインテークパイプを根元から抜き取ります。

次に、リザーバータンクの中にあるフルードを注射器かなんかですべて抜き取ります。
注射器がなければ、ポンプタイプのシャンプーについてるポンプを使ってキュコキュコ抜き取るのも常套手段ですね。(笑

レーキラインをはずします。
赤丸の部分にあるナットをフレアナットレンチで緩めると、ラインが外れます。

あとは、マスターバックに取り付けてあるナットを2つはずすと、あっけなくマスタシリンダが外れます。(青丸)
このナットにはワッシャーがついてますので、うっかり落としてなくさないように注意です。

リザーバタンクのフタは外して、とりあえずその辺においておきましょう。(ぉぃ

マスタシリンダを外すとマスターバック側はこうなります。ブレーキを踏むと真ん中のピンが出てきて、マスタシリンダ内のピストンを押し出す仕組みになっています。
このピンに丸いゴムパッキンがついてますので、これも忘れずに外しておきます。(分解時交換)

したマスタシリンダとリザーバタンクです。
茶色のテープは、むかーしむかしに取り付けたトルマリンです。 存在すらわすれてました。 (ぉぃ

赤丸の部分にあるねじを緩めるとリザーバタンクが分離できます。
ゴムパッキンがついてますので少し硬いかもしれませんが、慎重に抜き取りましょう。

ンクを外すとこうなります。
黒い部分がゴムパッキンですね。指で外しておきます。
ちなみにこのゴムパッキンは分解時交換指定ですので、補修キットと一緒に注文しておきます。

にピストンを抜き取るわけですが、その前にこのリングピン(?)のような黒いわっかを外さなくてはいけません。
このリングはC型になっていて、マスタシリンダ側の溝にはまっています。小さい2つの穴が見えるとおもいますが、これがCの両端になります。(説明が難しい。。。)

この穴を工具に引っ掛けてリングを縮めることで、溝から抜き取るわけですが、当然金属で硬いですし、穴が小さいのでこれがなかなか難しいです。

たぶんラジオペンチの先が曲がったやつ(?)を使えば簡単にできるとおもうんですが、手元になかったんで普通のラジオペンチの先を削って即席工具を作って外しました。

次へ