ためしに外れたローターとENDLESSのローターを比較してみます。

9.左が純正サイズローター、右がエンドレス。
実は左のもAUTOAQUのスリットローターなんですが、完全にスリット消えてます(笑
10.どうやら外形も厚さも同じみたいですね〜
インチアップしてるのかと思ってたけど、これなら次に交換するときも純正サイズが使えるので安く済みそうです。

さて、ENDLESSローター装着、と行きたいところですがここでひとつ加工が必要になります。

11.ローターを外した状態です。
バックプレートが見えますが、 このとがった部分がキャリパーに干渉してしまいます。
12.バックプレート自体を外してもよかったんですが、めんどくさいのでサンダーで切断しました。
13.加工後です。
ちなみにサンダーはホームセンターで3000円ほどらしいので、一家に一台常備しましょう。私は持ってませんが(ぉぃ
14.仮合わせした状態です。
干渉する部分がわかると思います。

当然最初からこの加工が必要なのを知ってたわけじゃなく、一度ローターも組んでキャリパーをつけようとしたときにはじめて気づきました。なんやかやで3回以上ローターの脱着したようなきがしますが、行き当たりばったりなのでこんなもんです。(コラ

ということで、やっとローターの装着です。

15.外すときと違ってローターをハブに入れるときは、こぶしで周囲を少しずつたたきながらはめ込みます。
皿ネジも同じように締めます。
16.キャリパーを装着します。

キャリパーの取り付けはブラケットと専用ステーでキャリパーをはさむようにして固定します。
ちなみにこの系統のキャリパーは後でパッドだけを取り付けることができるので、この時点ではパッドを外して作業するとよいです。

次へ