燃料ポンプ交換

ワケあって燃料ポンプを交換したので、レポートにしときます。
毎度毎度、役に立たない内容で申し訳ないですが(笑)、まぁこんな構造なんだ〜程度にご覧くださいませ。
ちなみに燃料フィルタは距離走ってるヒトなら、一度替えてみるのもいいかもしれませんよ。(ここには書いてませんが)

あ、手順はあくまでワタシが行った方法というだけですので、これにしたがって作業して何らかのトラブルが発生しても責任もてませんので。。。
やるならガソリン扱うので、火気と換気は気をつけてくださいね。くれぐれもタバコ吸いながらやらないように。(やらねーよ

1.これがフューエルポンプASSYです。
棒の先についてる黒い箱が、燃料計の浮きですね。

2.浮きの根元にはセンサがあります。意外と単純な構造で笑いました。(クリックすると拡大します)
3.燃料の吸い口です。白いのはごみを吸わないようにする網状の袋がかぶせてあります。(これが燃料フィルタというわけではないですよ。) 4.燃料ラインを外しますので、まず燃圧を抜かなくてはなりません。(ガソリン飛び散ります)普通にエンジンをかけアイドリングしてる最中に、燃料ポンプのカプラーを抜きます。燃料供給が止まりますので、しばらくするとエンストします。これでパイプの中の燃料が一応なくなります。(ホントはリターン側も抜かないといけないはず・・)
5.トランクにバッテリがあるので外しておきます。火花散ったら死ぬし(w
あと、給油口のキャップも一度外して、圧力を抜いておきます。
6.2本の燃料ホースが見えます。1本がエンジンに行く方で、一本が余った燃料が戻ってくるほうです。
いまさらですが、塗装が汚いとか思ってても口に出してはイケマセン。(w
7.パイプを外します。ツメを抑えながら抜き取ります。左のパイプは燃料が抜けてますのでいいんですが、右側はまだ残ってますので、結構出てきました(汗)ちゃんと抜いとけよってハナシですな。 8.パイプが抜けたら、周りのナットを8つ外します。
9.そーっと燃料ポンプを抜き取ります。当然ガソリンでどぽどぽですので、こぼさないよ〜に 10.タンクの中です。結構綺麗ですね。もっと深いもんかと思ってました。

あとは新しいポンプ(ワタシは中古品でしたが^^;)に逆の手順で戻すだけです。
パイプの差込は確実にしてくださいね。
あとは、イグニッションキーをOFFからON(セルは回さない)に状態にして数秒まって、またOFFにしてONにする動作を数回繰り返します。これで、ポンプだけが動いて燃料ラインに燃圧がかかります。一応パイプの差込部からもれてないか確認しときます。
あとはセルを回してきちんとエンジン回ればOKです。

戻る