ユーロR H22Aエンジン載せ替え

部の方は薄々お気づきかと思いますが・・・
2002年9月末に載せ変えた2機目のF20Bですが、2年を待たずしてブローしてしまいました。
最近オイルの消費が増えてきてたんでちょっと怪しんではいたんですが、4月初旬のある日、普通の道でちょっと加速しようとした瞬間、微妙にエンジン音が変わったのに気づきました。車を止めてアイドリングさせてみると、「でろでろでろ・・・」という例の怪しいアイドリング音に変わっており、数時間もすると白煙もくもく状態。お約束のブロー症状まっしぐらとあいなりました。

ろいろ症状を調べてみると、4番の気筒(向かって一番左)がまったく圧縮していないようでした。プラグコードはきちんと火花が飛んでますし、プラグを替えてみても、すぐにガソリンとオイルでべたべたになることから、ほぼ間違いないようです。ピストンリングが逝ったか、タナオチでもしたか・・・後でエンジン開けてみるのが楽しみです。

ぁ載せ替えて以来さんざんサーキットもいきましたし、バランス取りメインのエンジンとは言え、ノーマルから20馬力以上しぼりだしてたんで、いつかはこういう日が来ると覚悟はしてましたが・・・・・

早すぎるんじゃい、ヴォケ!!!!!!(w

使しすぎたのか、エンジンの組み方が悪かったのか、セッティングをつめすぎたのか、F20Bがそういうエンジンだったのか・・・・・たぶん最後のですが。(w
結局F20Bってそういうエンジンじゃないってことみたいですね。。。F型でスポーツVTECって結局CF4のSiR系だけで、ほかは普通のファミリーカーエンジンなんですね。F20Cは特殊なんで除きますが。そういうエンジンで無理やり(?)200馬力しぼりだしてるんで、やっぱり耐久性という点では厳しいようです。あくまで個人的な感想ですが。
まわりからもF20Bはだめぽと言われていましたが、2機目にしてやっと納得しました。(ぉぃ
どこぞの方も同じく2機ブローさせてますし。

いうことで、鈴鹿の事故からやっと立ち直ったのもつかの間、またもや大修理が必要になってしまいました。
もう大修理はこりごりだったんで廃車にしてもよかったんですが、せっかく復活したところで捨てちゃうのはちょっぴり忍びなかったので、載せ変えることにしました。(F20B載せ替え以来、いつかくるであろうこの日を予想してエンジン貯金してたのもありましたが)

ちろん、乗せ替えるエンジンはユーロRのH22Aしかありません。F20Bなんぞありえませんし、もうショップでチューニングするほど貯金もありません。(涙
偶然ヤフオクでエンジンもみつかったんで、速攻で購入し4月10日(土)より、載せ替えを始めることにしました。
H22A乗せ替え自体はご存知のとおり既にみっちゃんがやってますので、アドバイスをもらえるので一応安心でしたが、今回一番の心配事は、LSD&フライホイールをF20Bから移植しないといけないことでした。

ればっかりは誰もDIYでは体験したことありませんし、さすがにワタシも怖くて最初は業者にでも頼もうと思ってました。
もし自分でやってどっかミスってたりしたら、またミッションだけおろして、ばらして・・・と大変な痛手になってしまいます。
ところが、これまたすんごい偶然で、その昔Lukeさん経由で知り合いになったショップの方が、「自分でやるなら教えてあげるよ」といってくださったので、ミッションに関してはそちらで見てもらいながら自分でやってみることにしました。(頼めるだけお金なかっただけですが)
もちろんエンジンの方は、いつものFMWでやらせてもらいます。

いうことで、予定としては、エンジン下ろしで一日、ミッションばらし&デフ組み換えで1日、H22A乗せるので1日くらいで考えてました。超どんくさいワタクシですんで、これくらいみといても間に合うかどうか・・・という感じです。みっちゃんのように2日で載せ替えなんて、ワタシにゃ不可能です。(w

置きがいつも以上に長いですが、CF4最後の大作業(謎)の開始です。

次へ