ブレーキマスタシリンダーストッパーの作成

1.

ここ最近、連続してサーキット走行をしていたせいか、ブレーキフィーリングに非常に不満を持つようになりました。
遊びが大きく、ふにゃふにゃで踏んでる剛性感があんまりないこのブレーキは、荷重移動やフルブレーキング時のコントロールが大変しづらいです。
そこで、ブレーキの剛性感を少しでも改善したいと思い、この「ブレーキマスターシリンダーストッパー」の作成に踏み切りました。
なお、念のため書いておきますが、ブレーキフルードのエア噛みやブレーキパッドの磨耗は、ブレーキフィールを非常に悪化させます。このストッパーに手をつける前に、こちらのチェックをまずおすすめします。

2.

まず、「ブレーキマスタシリンダー」ですが、これはブレーキペダルを踏んだ力を、ブレーキフルードに油圧として送り出すものです。
しかしこの「ブレーキペダルを踏んだ力」は、ブレーキブースターを介して何倍にも増幅されるため、マスタシリンダーには相当な力が加わります。
しかしこの「ブレーキマスタシリンダー」 は、バルクヘッドとよばれるエンジンルーム奥の鉄板に取り付けされています。
このバルクヘッドは大きな力が加わるとたわんでしまい、本来、マスタシリンダーが受け止めるはずの力を逃がしてしまいます。
誰かにブレーキを踏んでもらって、マスタシリンダーを見てもらえばわかると思いますが、バルクヘッドのたわみによってマスタシリンダーは5mmほど動いてるのが良くわかると思います。
つまり、この微妙なたわみがブレーキに伝わるはずの力を逃がしてしまい、ブレーキを踏んだ側に剛性感のないブレーキフィールとして伝わってしまうのです。

「ブレーキマスタシリンダーストッパー」は、この「たわみ」によって生じるマスタシリンダー自体の動きを止めてしまおう!というものです。
具体的には、SiR系に標準装着されているタワーバーを利用して、マスタシリンダーをステーで固定します。


3.

お近くの日曜大工用品店で、下記の部品を購入してください。
L字ステーを多用していますが、できればL字部分に補強のしてあるものが望ましいです。
ちなみにワタシはコーナンで購入しました。ですので、下記の部品番号はコーナンのものです。

部品名
部品番号
単価
補助金具ユニクロL型 30x150 (L字ステー大) BS−781
2
\440
補助金具ユニクロL型 30x40x40 (L字ステー小) BS−770
1
\300
UボルトZU 3/8x1/2 (U字ボルト)  
1
\60
メッキボルトナット 3/8x25 (ボルト大) 19−002
2
\38
アブセット六角ボルト 5x10 F0−256
1
\100
合計  
 
\1416

4.

私の場合、試行錯誤(テキトーともいう)しながら作ったので、2段階に分けて作成しました。
基本形のレベル1と、それに補強を加えたレベル2です。

まず、レベル1。
見てのとおりです。(笑)
L字ステー大と小をボルト小で固定して、U字ボルトを取り付けます。
L字ステー小でマスタシリンダーを固定し、U字ボルトをタワーバーに固定します。取り付け写真は下記のとおり。
補強入りのステーなので結構剛性あるんですが、ブレーキ踏むと3mmくらいは動いてしまいます。





次に補強版のレベル2.
レベル1にL字ステー大をプラスしました。
固定にはボルト大を2つ使い、さらに剛性アップを狙いました。こうやって見ると、今度はさすがにごついです。手で持ってもずっしり。
でも、取り付けてみるとまだ微妙に動いてます。たぶん1mmくらいなので、今回はコレで完成とします。あんまりガチガチに固定すると、マスタシリンダーに負担がかかる可能性があるそうですし。
なお、取り付けはタワーバーの角度の関係で、ステーとマスタシリンダーの面がぴったりと合わないので、できるだけ力がステーにウマくあたるように調整します。



5.

見てのとおり構造は単純なものです。私も思いつきで作成したので、きちんと計測したわけでも設計したわけでもないです。
にしては、結構効果が現れていて満足してます。 少なくともステンのブレーキラインよりははるかに効果があります。
そしてなにより費用が安い。市販の製品を買うと、8000〜2万円近い費用が要ることを考えると、非常にコストパフォーマンスが良いと思います。(CF4用の市販品はありませんが。)

さて効果の程ですが、踏み込んだ際の剛性感が確実にアップします。踏めば踏むほど、カッチリ感がでてブレーキフィールがダイレクトに足の裏に伝わってくる感じです。
剛性感があるので、荷重移動でタイミングを取ってコーナリングするときなど、非常にやりやすいです。

*部品が手に入らないとか、作るのがめんどくさい(笑)とかいう方がいれば、 ご相談ください。価格相談の上、製作請け負います。^^;
*この文章によって、いかなる不具合、損害が発生しても当方では責任は負いかねます。自己責任で実施してください。


戻る