Integra TypeR 純正レカロシート取付け

日時:2000年12月2日(土) 11:00〜13:00

とある知り合いの方から、インテR純正レカロ2脚を売っていただいたので、その取付けレポートです。
取付け自体は非常に簡単ですが、シートの持ち運びが大変なので、2人以上で作業されることをオススメします。

とりあえず、購入してきたシートレールです。
 メーカー:SAENK
 タイプ:フリーダムタイプ(レカロ用)
 型番:H032R・L (左右)
 価格:15,000円(1脚)

添付部品がきちんとそろっているか、確認しましょう。
また、念のためレールの取り付け穴が、きちんと車体とあっているか確認しておきます。(結構ばらつきがあるのも事実らしいです。)

私の買ったレカロにはノーマルのシートレールがついてきたので、これを取り外します。
10mmのナットが片側3本、計6本でとまっています。

このとき、シートベルト着用検出用のカプラ−がレールの穴に通してあるので、コレも外します。(カプラ−を分解するか、コードを切るかしないと外れません。)

 

次に外したレールから(もしくはアコードのシートから)シートベルトバックルを外します。
これは14mmのナットでとまっています。

ワッシャーがたくさんついていますので、なくしたり順番を忘れてしまわないように、注意します。

シートレールについてきたプレートを、シートに取り付けます。
シート側の取り付け穴は、2箇所選べるようになっていますが、 前側(足元側)のほうを使用します。

なお、この取り付け用のビスを絞めるには、4mmの六角レンチが必要です。

取り付けたプレートにレールを取り付けます。
取り付け前に、レール可動部にCRCなどの潤滑油をつけておくと、スライドが操作しやすくなるのでオススメです。

取り付けたシートにあわせ、シートベルトバックルをレールに取り付けます。

最後に、車体にシートを取り付け完了です。
車体側とシートレールは14mmのナットでとまっています。
くれぐれも車体にキズをつけないように注意してください。

インプレはこちら

戻る