まずは、仮合わせ。
テープで実際に貼り付ける位置に固定して
最終確認します。

写真上でデータを分割してるので、実際車体に合わせてみると
どうしても微妙にずれが出てきます。
それをこの時点で上手く調整します。(実はちょっと失敗しましたがw)

位置が決まったら実際に貼り付けていきます。

まずは、ボディに台所洗剤を数滴まぜた石鹸水をスプレーでしっかり吹き付けます。

ちなみに石鹸水は洗剤が少ないと、貼り付け後の位置の調整が難しくなりますし
濃すぎるといつまでたっても引っ付きません。
指に吹き付けて、なんとなく洗剤っぽいのがわかる程度がいいようです。
指がにゅるっとするようでは濃すぎます。

シートからステッカーを剥がし、ボディに貼り付けます。
後で位置の調整はいくらでもできますので、あせらずに
とりあえずシワをつくってしまわないようにだけ気をつけながら作業します。
(特にミラーシートは一度シワをつけると、跡が消えないです)
空気は後からしっかり抜けます。

貼り付け後、手で位置を調整したら、ゴムへらなどでステッカーの下の
水分と空気を外へ押し出すように、ステッカー中央から外向けに伸ばしていきます。

綺麗に張り付いたら、転写シートを剥がしてできあがりです。
水分が抜け切ってないと、転写シートと一緒にステッカーがくっついてきますので
その場合はもう一度しっかりヘラで水分を押し出すか、しばらく時間をおいて
密着するようにします。

ドアラインを基準に次のステッカーを貼っていきます。
前ページのCの部分を貼り、その上にBとEを継ぎ目が目立たないように
ぴったりくっつけて貼り付けます。

続いて、Dを貼り、最初に張った@とDのステッカーを基準にして
最後にAのステッカーを貼り、完成です。

貼り付けで難しいのは、やはり継ぎ目ですが、
特にモール部分の継ぎ目(@とAや、CとD)がやっかいです。
モールの窪みでステッカーが歪みやすいので、きっちり密着させないと
すぐ隙間ができてしまいます。

石鹸水のおかげで何度でもやり直しが効くので、初めてでも無事完成しましたが
プロの人が、一枚ものの大型ステッカーを一気に貼ることを考えると
改めてすごいなぁと思います。

最後に後ろからのショットと・・・

反対側です。

反対側のステッカーは当然、カッティング時にデータを反転させなければいけません。
(実は、ワタシ、一度それをわすれて、貴重なミラーシートをムダに・・・w)

ということで、無事鈴鹿オフにてお披露目してきました。
(ほとんど突っ込んでもらえませんでしたがw)

戻る