ず(み)のトルネオを塗装することになりました。(実験台じゃないぞ〜^^;)
ちなみに色は98インテRやシビックR純正色のサンライトイエローに私の独断で決定。

朝7時に私の家に集合して、1時間半ほどで工場に到着しました。
着いてみると、よくある下町の工場街にこれまたよくある普通の板金屋さんの工場。そんなレンタルピットしてるような感じのところではありません。
「大丈夫かなぁ。。。」とちょっと不安になりながらも工場の前に車を止めると、ちょうど中から人が出てきました。
とりあえず挨拶して色々話を伺ってみます。
どうやら土日は通常の営業は無しで、ここの社長さんが半分趣味で、私たちみたいな素人のために工場を開放してるそうです。まさに私たちみたいな人間にはぴったり。
で、この社長さんがまたエエ人で、 「こんなきれいな車、ほんまに塗ってまうんか〜?」とぼやきながらも、いろいろ協力してくれました。
ほんとは最初2日かける予定だったんですが、社長曰く「しゃーない、みんなで手伝ってやるから今日中に全部やってまえ!」と。
「まままマジですか!?^^;」
それなら1日分の料金ですむし、はやく塗ってみたくてわくわくしてる私たちにしたら渡りに船。こんなにウマく話が進んでいいんでしょうか。
さて、そうと決まると話は早い。すぐさま作業にかかります。



ず、WAXを落とす専用の洗剤と塗装足つけ用の特殊なスポンジで車を洗います。
このスポンジがまたすごくて、軽く車体をなでるだけでヤスリで磨いたような細かい傷があっという間につきます。
後ろで「はよせーよー。時間無いで〜」とあせらす社長を尻目に、二人でトルネオを洗いまくります。
最後はタオルで洗剤をおとすように、きれいに水ぶきして準備完了。車体が乾くと確かに塗装のつやが取れて、こまかい傷がついてるのがわかります。想像ではヤスリでひたすら磨きまくるのかと思ってましたが、意外と簡単に足付け完了。

続いて、ライトやバンパー・サイドステップなど外せるものはすべて外して、マスキング開始。
まず、プロの手本を見せてもらいます。
マスキング用の紙テープを窓ガラスなどの曲線にあわせて器用に貼り付けていきます。見てると簡単そうですが、いざやってみると当然むちゃくちゃ難しい。
私たちが1m張るうちに工場の人たちはその2倍・3倍は軽くこなしていきます。(あたりまえか。)
結局ほとんどやってもらったような気がしますが、なんとかマスキングも終了。

WAX落しと足つけ。
マスキング完了。



とうとう塗装開始。右後ろで見てるのが工場の人。

の時点でだいたい11時。
どうやら、一度白で下塗りしてから黄色を3度くらい重ね塗りするそうなので(クリアはいらないらしい)、とりあえず昼までに下塗りして乾かしてる間に昼休みにしようということになりました。

ガンに白色の塗料をセットしてもらって、(み)がルーフから少しずつ塗っていきます。とりあえずこの下塗りは少々ムラになっても取り返しがつくので、練習のつもりで塗っていきます。
まぁ、彼は器用なんですぐに慣れてましたが、それでも相当緊張してたらしいです。
今日のところはヒトゴトなので、私はとりあえず遠くから応援。(笑

で、一通り終わった姿がこれ。(→)真っ白です。
ここでちょうど12時になったので、われわれは食事に出かけることにしました。

 


飯後。
工場の人に調色してもらった塗料をエアガンにセットし、とうとう黄色を塗り始めます。

ここからは私も塗装の手伝い。(大丈夫かいな。)
(み)は車体を、私はバンパーなどの小物を塗っていきます。
均等に、かつムラにならないように、そして何より塗料がたれないように最大限の注意を払って塗ってきますが、やはり難しい。
塗るものに対して水平にガンを這わせなくてはいけないんですが、結構ガンは重くて手の力が要りますし、バンパーは曲面やくぼみが多いのでどーしてもムラになってしまいます。
エアダクトの穴などどうしても難しいところだけは工場の人に手伝ってもらいながら、私のほうはなんとか小物を塗り終えました。
・・・といっても私は案の定「なんとか塗れた」程度でしたが、(み)は素人とは思えん飲み込みの速さでごっついきれいに塗り上げてました。ほんと器用さではかないません。(汗

出来上がってみると、素人がやったとは思えないくらいの仕上がりで工場の人も感心してました。
あとはヒーターで乾燥させて、取り外したライトなどを取り付けて完成。 4時前にはすべて完了しました。

この後(み)は予定があるとかで、工場の掃除と支払い(だいぶん手伝ってもらったので3万円でした。)をすませ、今日はここで解散。
さて次は16日。とうとう私の番です。(汗

難しいところは手伝ってもらったり。
犬と遊んでみたり。(笑
塗装完了。マスキングを外します。
完成!想像以上のデキにびっくり。

 


続き