・10日の(み)の怒涛の引越しが終わり、とうとう我がアコードの番です。
前回で手順は大体わかったので、今回はできることは先に家でやっていくことにしていました。
まず例の足付け用スポンジと洗剤をもらっておいて、自宅で足つけ。
私のアコードは赤いので、足付けをしてしまうとWAXをふき取り忘れた車のような、白まだらのきったならしい車になってしまいます。しかもスケジュールの都合で、その状態のまま2週間は街乗りしないといけない。(泣
その上、注文しておいたK'sSpeedのバンパーも白ゲルのまま取り付けたので、想像を絶する汚さ。ガススタ行くと必ず話し掛けられてました。(はずかしいぃ。。。)

サンルーフ外し。
バンパー仮装着。

 


16日当日は工場が開く1時間ほど前に着いて、パーツの取り外しとフロントフェンダーの爪折りをやることにしました。
どんくさい私のこと、どうせ時間がおしてしまうのはわかっていたので、ちょっとでもできることは先に済ませておきたい。
そばの駐車場でライト・GTウイング・バンパー・サイドステップなんかを外し、最後にもう一度ボディを拭き掃除して準備完了。
ちょうど9時になって工場の人たちが出勤してきたので、場所を工場内に移し作業開始です。


ず、シンナーを含ませたペーパーで車体をきれいに拭いていきます。 これで最終的な脱脂と汚れをふき取ります。
次に圧縮エアでほこりを飛ばして準備完了。
前回と同じくマスキングテープでマスキングしていきます。二人とも前回で経験済みなので、今回はさくさくっと作業が進みます。

そしてとうとう塗装開始です。
まずは白で下地作りから。
ここまでは少々失敗しても取り返しがつくので気楽ですが、予想以上に塗料のはじきが多く苦労させられました。
結局昼の1時すぎまでかかってしまい、この時点で予想通り時間はおしぎみ。(ぉぃ

工場の人がボンネットの凹みを治してくれました。
ウチの車もとうとう真っ白に。


飯を食べた後、緊張の本番塗装開始。
この前と違い、今回はヒトゴトではありません。(笑
(み)に塗り方の甘さをつっこまれながらも、必死で塗っていきます。
とにかく、ガンを塗装面と水平に、一定の速度で塗料がたれないように、ムラにならないように神経を集中。
ガンがぶれてはいけないので、腕をしっかり固定して、場所によってはムリな体勢になりながらも左右に少しずつ移動させなくてはなりません。
この作業、予想以上に体力を消耗します。精神的にも体力的にもホントに厳しい。でも、それを上回る面白さがあります。しんどいけど楽しい。コレ結構クセになりそうです。(笑

黄色の塗料で2回塗装し、最後に1回仕上げ塗装をして終了。
ちなみに仕上げ塗装といっても特殊な塗料を使うわけではなく、同じ黄色の塗料で微妙な塗り加減で「つや」をだしていきます。
正直、これで失敗したらすべての苦労が無に帰すので、むちゃくちゃ緊張します。 ・・・まぁ、案の定ところどころ失敗してしまいましたが。。。

とうとう黄色に・・・
塗料たらすなよ〜
みー様と協力して・・・
ついに完成!!!

最後に、マスキングを取り、外していたパーツを元に戻して完成!!

こうやって眺めてみるとほんと素人が塗ったようには見えません。それもこれも(み)や工場の皆さんが協力してくださったおかげです。
正直作業するまでは、ぜーったい取り返しのつかないような失敗をするやろなと覚悟してましたから。
確かに近くで見れば、塗装の中にほこりが入り込んでたり、マスキングがまずくてきちんと塗装できてなかったり、塗料がたれてたりと、いろいろ失敗はありますが、コレだけきちんと塗れれば私としては大満足です。
なにより塗装がこんない楽しいとは思いませんでした。機会があればまたやってみたいです。(次の餌食は誰にしようかな。。。^^;)


おまけへ